Browsing Category TECHNOLOGY

Qlimax2014_Festival_top

もはや照明とは呼べないレベルQlimax2014のフロア演出 | 映像

22:00

ダンスミュージックは日々進化している。好きか嫌いかは別として、これは事実。世界中では、数日に渡って開催され、何十万人も動員するモンスターフェスが増え、ダンスミュージックは完全に一般に浸透してきた。View post

View post
Kakuno_Pilot_TopEDT

PILOT万年筆「カクノ」で手書きをもっと楽しく | Technology

19:19

突然ですが、最後に手書きで文章を書いたのはいつですか? 筆者の場合は、極端かもしれないが、一週間に一度あれば多いくらいです。 個人差はあるにしても、思っている以上にその機会は我々の生活から離れているように思います。 最近はパソコンやスマートフォンでのコミュニケーションも普及し、 メモをするにしても、手書きでなくてもコンピュータに入力しておけば「Evernote」などの便利なツールもある。 Evernote - Evernote そんな時代に一石を投じるのは、またしても世界で大ヒットとなった消せるペン「Frixion」を開発したパイロット社だ。グッドデザイン賞を受賞した本格的な子供向け低価格万年筆「カクノ(Kakuno)」は2013年10月の発売から9ヶ月経過した時点で50万本という驚異的な売り上げを達成。なぜこの数字が凄いかというと2008年から2012年にかけて文房具の市場規模は10%減少している中でのこの数字だから。 通常の万年筆は高いものだと1万円を超えてくるので、従来は子供の筆器具として扱われていなかったが、この「カクノ」の登場で新しく書く人たち(=子供たち)のマーケットに食い込んでいるのではないでしょうか。 価格は1,000円。子供用ペンとしては十分な低価格を実現しました。そして、子供向けと言いつつも、実際は若い女性の方の購入も少ないという。特に20代の若い方々。「この時代だからあえて手書きを」という人たちの心を揺さぶる商品となったようです。 図のように、この万年筆は使い勝手にとことんこだわっていることがわかると思います。 近代のコミュニケーション方法は多様化していて、LINEスタンプなどのワンタッチでコミュニケーションが取れるツールなども普及しているのも事実です。しかし、自分の手で書くのは内容を記憶しやすいという効果があったり、自分で文字を書くのは字を奇麗に書くという意識が働いたり、デジタルではない温かさがあるなどといろいろ代え難い要素もたくさん持ち合わせています。この機会に筆者も万年筆を使ってみようと思い、アマゾンで購入してみましたので、手元に届いたら、書くことを意識的にやろうと思ってます。 お子様用に、または手書きを楽しみたい方、この機会に万年筆を一本いかがでしょうか?中字と細字タイプがあります。年賀状の季節ですしね。 カクノ(Kakuno) [SOURCE]

View post
bluesmart-designboom03_top

世界初の機内持ち込み可スマートスーツケース出現 | Technology

08:00

なんとスーツケースにもITテクノロジーが組み込まれました。クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で商品化が既に決定しているスマートスーツケース「Bluesmart」は今までのスーツケースの概念を覆すことは間違いなさそうです。 主な特徴 ・スマホアプリ経由で遠隔ロック(自動ロック可) ・重量の計測が可能 ・トラッキングができる ・バッテリー内蔵(同時に2台端末の充電可能。スマホなら6回分) 出張や旅行中に全ての人が抱える問題をテクノロジーで解消してくれる優れもの。特に移動の多い人は重宝しそうです。また、自動ロックも持ち主から離れてたら自動的にロックされたり、誰かが勝手にスーツケースを開けようとしたら、アラートをスマホに送ってくれたりします。 もちろんラップトップやタブレットを格納でき、セキュリティーチェックの際に素早く取り出せるようになっているのも有り難いですね。 スマートウォッチ用のアプリの開発も計画しているということなので、今のマルチでバイス対応にも意欲的です。 現時点(10/23)では、$235で購入ができます。配達予定は2015年8月なのでまだまだ先ですが、こういう商品はまだ世界にもないので、いち早く手に入れて快適な旅を実現したい人は検討に値するのではないでしょうか。 目標金額が$50,000でしたが、残り33日の時点で既に$250,000を超えていることを見ると、相当需要があるということが伺えます。注目すべき点はその他のスーツケースブランドがスマート化にいつ乗り出してくるかになるのかも? [SOURCE]

View post
Afterglow_top

LEDスーツを来たスキーヤーが真っ暗の雪山を滑り降りる | Video

19:12

コンテンツ大航海時代に突入し、メーカーなどはそれぞれコンテンツ作りに励んでいる中、ちょっとユニークな企画が目に留まりました。非常に幻想的な絵です。 実現させたのはPhilips TV、Atomic Skisのコラボレーションを結びつけたのはSweetgrass Productions、そしてスウェーデンのエージェンシーAhlstrand & Wållgren。過去に例のないコンテンツを作ることを背景に、どんな作品に仕上がってるのでしょうか。予告版は公開されているので、こちらから見れます。12分間のフルバージョンは10月19日(日)にこちらで公開予定なので、通知希望の方は登録しておくとよいでしょう。 登場するアスリートはPep Fujas, Eric Hjorleifson, Daron Rahlves, そして Chris Benchetlerです。 AFTERGLOW - Lightsuit Segment from Sweetgrass Productions on Vimeo. ロケーション: Golden Alpine Holidays Sentry Lodge, Alyeska Resort, and the Alaskan Wilderness CREDITS: Directed by Nick Waggoner & Mike Brown Executive Producer Nick Waggoner Produced by Zac Ramras, Mike Brown, and Max Santeusanio Edited by Mike Brown First AC Max Santeusanio Aerial Cinematography by Nick Wolcott and Zac Ramras Guides Cam McClellan and Ken Bibby Gaffer Mark Stuen Key Grip Kyle Metzger Best Boy Grip Shane Treat Cook AJ ...

View post
Layer-Lapse1_top

タイムラプスの上をいく世界初「レイヤー・ラプス」| Video

19:44

ネット上には映像の表現手法として一般的になりつつさるタイムラプスの上をいく、今までに見たことのないようなタイムラプス映像、「レイヤー・ラプス」という概念が生まれました。世界でもほとんど例のないと言っても過言ではないこの手法をいち早く実現したのはジュリアン・トライバ(Julian Tryba)という映像クリエイター。 この作品では、米国ボストンをベースに美しい街並を異なる時間帯に撮った複数のタイムラプス映像(連続した写真のシークエンス)を合成し、同じ絵の中に違う時間帯の光や色を取り込むことができます。この表現を使うことで、タイムラプスが得意とする長い時間にまたがる動き(雲の動きなど)を早回しで再生しながら、同時に違う時間帯に見れる色合いや景色などを織り交ぜ、かなり高度な情報を織り込むことができます。この手法の特徴としては、音に合わせて遊べるというのも大きな特徴です。アート作品に近いものには相性が良さそうですね。 Boston Layer-Lapse from Julian Tryba on Vimeo. 手軽にタイムラプスを撮るには、スマホ搭載の機能を使うかHyperlapse from Instagram - Instagram, Inc.">Hyperlapseなどのアプリを使うのが早いので試してみましょう。カメラは三脚などで固定必須です。iPad版はHyperlapse from Instagram - Instagram, Inc.">こちら。 ちなみにレイヤーラプスに挑戦したいなら、本人のブログ(英語)で解説してます。

View post
TheArk_AntiVJ1_top

気鋭映像集団「AntiVJ」がメキシコのサボテンに挑む | Technology

20:15

プロジェクションマッピングという手法は日本でも比較的一般化され、表現手法の一つとして確立してきました。その一方では、その手法を用いて何をするかという点が重要視されつつあり、同時にまだまだ新しいものが出てくる可能性のある分野でもあります。 世界的にもビジュアル集団として名高い「AntiVJ」。この作品は2013年4月に、メキシコのオアハカで開催されたデジタルアート・フェスティバルProyecta Oaxaca 2013で披露され、オアハカ民族植物学庭園のオルガンパイプサボテンへプロジェクションマッピングしたものだ。そのインスタレーションの名は「The Ark」。AntiVJのビジュアルアーティストRomain Tardy(ロマン・タルディ)がコンセプトとアートディレクション、デザイン、アニメーションを担当し、サウンドコンポーザーのSqueaky Lobster(スクイーキー・ロブスター)が音楽を制作。 この「The Ark」というインスタレーションはサイト・スペシフィック・インスタレーションと言って、ある特定の場所のための芸術作品です。この作品では庭園の植物に声を与え、予想外の合唱だったり、鼓動音であったり、その不思議な世界を三つの構成で表現しています。 THE ARK from ANTIVJ is a visual label on Vimeo. More info at antivj.com The trail consisted of the following four works: Onion Skin, by Olivier Ratsi & Thomas Vaquié The Ark, by Romain Tardy & Squeaky Lobster 3Destruct | Oaxaca, by Yannick Jacquet, Thomas Vaquié & Jeremie Peeters Réplica, by Laurent Delforge & Thomas Vaquié All projects managed by Nicolas Boritch. Proyecta Oaxaca content director: Manuel Alcala producer: Samuel Rivera technical director: Azael Saenz [SOURCE]

View post
MercedezBenz_Experiments_Air_top

目を疑うメルセデス・ベンツの新しいC-ClassのCM集 | 映像

13:37

メルセデス・ベンツを形作ってきた「極み」を表現するためのCMを作るということで、BBDO Singaporeという広告代理店を中心に制作されたこの映像が際立っているので紹介したい。Mercedes Benz Experimentsというタイトルの映像がYouTubeに並び、それらは全て科学でメルセデス・ベンツ車の特徴を語っている。しかも、とてもメッセージがシンプルだ。 どの映像も目を疑うものばかりで見ているだけで面白い。記憶にも残りやすいし、良いCMです。 Mercedes-Benz Experiments: Water Mercedes-Benz Experiments: Air Mercedes-Benz Experiments: Sand Mercedes-Benz Experiments: Gestures CMだけど、面白いって思えるCMを作れるブランドが今は伸びる時代。グローバルブランドは更にクリエイティブに力を入れていくでしょう。   Advertising Agency:BBDO, Singapore Chief Creative Officer:Ronald Ng Executive Creative Director:Primus Nair Creative Director:Wai Khuen Yee Art Director:Shum Qi Hao Copywriter:Firrdaus Yusoff Production Company:Play Films Executive Producer:David Clarke Account Director:David Tay Account Management:Jolene Seet, Grace Aik

View post
nikes-house-of-mamba-led-basketball-court_top

異次元LEDバスケコート「House Of Mamba」が上海に出現!| Technology

20:32

自分の好きなことをその道の一番に教えてもらえるほどのことはないでしょう。 アグレッシブな姿勢を貫くスポーツブランドのナイキがまた非常に斬新な企画を打ち出しました。誰もが憧れるスーパースター選手「Kobe Bryant」にバスケットボールのトレーニングキャンプを受けれるキャンペーン。Kobe Bryant選手にとっては9回目のサマーキャンプ、今年の夏は上海がキャンプ地に選ばれました。それだけでは終わらないのがナイキの凄さ。なんとフルサイズのバスケットボールコートにモーショントラッキングとインタラクティブなLEDビジュアルを設置し、選手の動きに反応するシステムを導入。観戦者もより選手の動きを視覚的に楽しめるという仕掛けを施しました。 この「RISE」というNikeのトレーニングキャンプは夏の始まりに幕を開けました。バスケファンは30秒のバスケにまつわる映像をエントリーチケット代わりに応募し、その中でも特に優れていた応募者の中から27都市出身の30名を選出。 また、あのLeBron James選手も最近、このトレーニングキャンプの一環で北京、広州、香港、台北、高雄などの都市を周り、各都市でバスケ少年たちの指導を行ってきました。その30人が10人に絞られ、8月16日に北京で行われるRISEファイナルズで最優秀選手3名が選ばれる予定になっています。その3名は9月5日から9月7日にバルセロナで行われる予定のNike World Basketball Festivalへの参加権利が与えられます。 更にこの一連のトレーニングキャンプと平行して、上海のNike Basketball Parkにてデザイナーを対象としたコンテストを開催。スニーカーのデザインを競わせるという異例のワークショップも行った。 NIKE RISEは中国初のソーシャル・ドキュメンタリードラマだ いくつものフェーズで構成されている「NIKE RISE」は、中国本土のバスケ愛好家たち向けに8月21日まで毎週インターネット上で放映されています。全6エピソードに渡るシリーズはQQ(nikerise.qq.com), Yahoo(台湾)、Fanpiece(香港)にて見えるようになっています。 [SOURCE]

View post
NikeFootballApp_top

サッカーをポケットの中に。Nike Football App登場 | Technology

20:38

ワールドカップは終わったけれども、サッカーは終わらない。スマホアプリとしては珍しく、ナイキらしいiOSとAndroid用のアプリが登場、その名も「Nike Football App」。このアプリを簡単に要約するとこんな感じ。 ・ サッカー仲間とのコミュニケーションツール ・ Nike Footballからの最新ニュースフィード ・ Nikeが主催するサッカー選手用のトライアルへのアクセス 一見ぱっとしないかもしれないけど(特にサッカーしない人には)、サッカーコミュニティーに参加したい/参加している人にとっては無料にでこれが手に入るとなると別だ。一つ一つ詳しく見ていってみよう。 サッカー仲間とのコミュニケーションツール サッカーは1人でやっても面白くないので、仲間が必要だ。そこでこのツールの出番となる。自分のプロフィールを作成後、スレッド(クルー)を立ち上げ仲間同士でチャットする。インストールしてみるととてもシンプルなデザインで文字もスマホで見ても非常に見やすい。海外ではTrash Talking(トラッシュトーキング)という言葉があり、スポーツ選手同士でお互いを牽制・威圧したりするコミュニケーションがある。このツールはそれをオンラインでできてしまうというわけだ。ちなみにアプリ専用のEmoji(絵文字)もあり、会話を更に楽しくしてくれそう。 Nike Footballからの最新ニュースフィード ここではNikeからサッカーにまつわるニュースなどが流れてくるフィードだ。まだリリースして間もないけれども、これから更にコンテンツが充実してくることが予想される。また、同じフィード内にNikeの最新サッカーシューズの紹介が流れてくる。Nikeとしては、サッカーファンとの接点となるこのアプリ上で自社の商品を上手に宣伝していくことができるわけで、あまり広告っぽくないところがまた購買意欲を掻き立てる。これからどんなコンテンツを配信していくかに期待。 Nikeが主催するサッカー選手用のトライアルへのアクセス この機能についてはトライアルテストの時期になるとユーザー向けに通知が届き、自分の腕に自身のある人にはNike主催のNike Academyのテストに応募できるようになるということでしょう。 この手のアプリはこれから様々な分野で増えてくることが予想されるので、注目してみました。 アプリの無料ダウンロードはこちらから。 iOS版 Android [SOURCE]

View post
PaperTowelDispensary_top

プリントを使った最高に面白いマーケティング | Video

20:48

もはやプリントの時代は終わりでデジタルの時代だと言う人は多く、手元のデータもそう言ってるはずです。 しかし、このメキシコの新聞社「Mas Por Mas」はその常識を破りました。現場はなんと「トイレ」。 日本ではトイレで手を洗うときはハンドドライヤーが設置されていることが一般的ですが、海外ではペーパータオルを利用することが少なくありません。そこに目を付けた同社は「Paper Towel Dispenser News」という施策を考え、最新のニュースをペーパータオル形式で配信するという斬新な試みを行い、QRコードからの流入などで2週間でサイトへのトラフィックを37%アップさせるのに成功。トイレで手を洗い、ペーパータオルで手を拭こうとすると、文字が印刷されたペーパータオルがでてきて、そこには最新ニュース記事がプリントされているので、人々はその異変に思わず記事を読んでしまうというカラクリ。 このペーパータオルマシンにWiFiプリンターを組み込み、メキシコシティーの企業、モール、映画館に設置しました。過去にあった「Shitter(シッター)」というトイレットペーパーにツイートが印刷されたものに似ているかもしれません。 [SOURCE]

View post