女性ダンサー「仲宗根梨乃」から学ぶ一流の極意 | 映像

2014年06月22日 Sun

仲宗根梨乃さんという女性ダンサーを知ってますか?ダンサー界では既に有名人ですが、日本女性として国内、海外での活動に成功している彼女の魅力に焦点を当てていきたいと思います。日本人女性ダンサーの中でも圧倒的な存在感を出し、あのジャネット・ジャクソンにも認められた彼女はどんな人物なのか?

rinonakasone1

仲宗根梨乃さんを一言で表現すると「ぶっ飛んでる」。もちろん良い意味で。ダンスの能力はもちろん一流だと思いますが、彼女は自身について、ダンススキルは「まだまだ」と謙虚。
ダンサー、振付師、モデルと様々な顔を持ち併せますが、彼女はダンサーになりたいと思ったことは一度もないと言い切る。

彼女の凄まじい経歴は知ってる人が多いと思うのでそれは後回しとして、彼女のダンサー・振付師としての仕事への姿勢についてとても共感できる内容の記事があったので紹介します。

勢いで前に突き進むタイプの仲宗根梨乃さんが大事にしていることをいくつかピックアップ。

・人生は一度だけ。心の声を信じて
・叶えたい夢は諦めないこと。何事にもチャレンジ
・自分を支える全ての人たちに感謝

エンターテイナーになることを子供の頃から信じ続けていたという仲宗根梨乃さんですが、まだまだやりたいことが山ほどあるみたいですね。この底知れぬパワーは謙虚で学び続けてきた結果、学ぶことに対しての姿勢の表れなのかもしれません。

rinonakasone2 rinonakasone3

一番最初に彼女の存在を知ったのはこれらのダンスを見たとき。彼女のダンスの魅力はこういうスタジオでの映像から良くわかります。グルーブがもはや外人です。めちゃくちゃカッコイイ。

彼女が担当した振付の作品

SHINee – Replay

実際のSHINeeのミュージックビデオ

少女時代 (Girl’s Generation) – GENIE

少女時代の実際のGENIEのミュージックビデオ

彼女らの美脚を上手に表現したダンス、覚えていますよね?

グエン・ステファニー(Gwen Stefani) – Harajuku Girls (2004年)

アメリカの人気シンガー、グエン・ステファニーの「原宿ガールズ」などのミュージックビデオ数作に出演した上に、ステファニーのライブ・ツアー「Harajuku Lovers Tour 2005」のバック・ダンサーとして活躍しました。
2011年にはブリトニー・スピアーズのツアー「Femme Fatale Tour」において、「トキシック」の振付を担当したとか。

幼い頃からマイケル・ジャクソンとジャネット・ジャクソンが好きで、自分も将来エンターテイナーになる事を夢見ていたという仲宗根梨乃さん。まだまだ夢の続きのようです。これからもどんどん「ぶっ飛んだ」ことをし続けていって欲しいですね。

最後に今年の7月から沖縄で始まる、TEE!TEE!TEE!という言語に頼らないノンバーバル・パフォーマンス舞台は、海外でも注目されており、日本人だけでなく外国人でも楽しめて、世代や性別、言語を越えた世界中の人々に喜ばれる、まさにNO BORDERな新しいジャンルの舞台です。詳細はHPを参照。

—————————————————————

仲宗根梨乃◆ダンサー、振り付け師、モデル
ブリトニー・スピアーズ、グウェン・ステファニー、アブリル・ラビーン、クリスティーナ・アギレラ、ミッシー・エリオットらとのライブステージやミュージックビデオ、CMなどでの共演。ジャネット・ジャクソンの振り付け補助、少女時代「GENIE」やSHINee、BoAらの振り付け。グウェン・ステファニー率いる原宿ガールズでの活躍、ダンスを魅せるクルー、Beat Freaksでの活動。仲宗根梨乃。彼女を表現する多彩な才能のもとは、「好きなことを続けてきた」それだけだという。
http://rinonakasone.com

Daisuke Inoue
Content Specialist: Digital Strategist & Communication Consultant

Content is king, only if they are in the right hands. I am passionate about great content and how to deliver them to the right people. The question is “What is the right content?” That is where I come in and help people/organisations to be outstanding. My area of interests are music, travelling, movies, blockchain technology, new media and minimalistic lifestyle.