PILOT万年筆「カクノ」で手書きをもっと楽しく | Technology

2014年11月10日 Mon

突然ですが、最後に手書きで文章を書いたのはいつですか?
筆者の場合は、極端かもしれないが、一週間に一度あれば多いくらいです。
個人差はあるにしても、思っている以上にその機会は我々の生活から離れているように思います。

最近はパソコンやスマートフォンでのコミュニケーションも普及し、
メモをするにしても、手書きでなくてもコンピュータに入力しておけば「Evernote」などの便利なツールもある。
Evernote – Evernote

kakuno_image1

そんな時代に一石を投じるのは、またしても世界で大ヒットとなった消せるペン「Frixion」を開発したパイロット社だ。グッドデザイン賞を受賞した本格的な子供向け低価格万年筆「カクノ(Kakuno)」は2013年10月の発売から9ヶ月経過した時点で50万本という驚異的な売り上げを達成。なぜこの数字が凄いかというと2008年から2012年にかけて文房具の市場規模は10%減少している中でのこの数字だから。
slide06

通常の万年筆は高いものだと1万円を超えてくるので、従来は子供の筆器具として扱われていなかったが、この「カクノ」の登場で新しく書く人たち(=子供たち)のマーケットに食い込んでいるのではないでしょうか。
slide01

価格は1,000円。子供用ペンとしては十分な低価格を実現しました。そして、子供向けと言いつつも、実際は若い女性の方の購入も少ないという。特に20代の若い方々。「この時代だからあえて手書きを」という人たちの心を揺さぶる商品となったようです。

Kakuno_Feature_EDT
図のように、この万年筆は使い勝手にとことんこだわっていることがわかると思います。

近代のコミュニケーション方法は多様化していて、LINEスタンプなどのワンタッチでコミュニケーションが取れるツールなども普及しているのも事実です。しかし、自分の手で書くのは内容を記憶しやすいという効果があったり、自分で文字を書くのは字を奇麗に書くという意識が働いたり、デジタルではない温かさがあるなどといろいろ代え難い要素もたくさん持ち合わせています。この機会に筆者も万年筆を使ってみようと思い、アマゾンで購入してみましたので、手元に届いたら、書くことを意識的にやろうと思ってます。
Kakuno_Pilot_TopEDT

お子様用に、または手書きを楽しみたい方、この機会に万年筆を一本いかがでしょうか?中字と細字タイプがあります。年賀状の季節ですしね。

カクノ(Kakuno)

[SOURCE]

Daisuke Inoue
Content Specialist: Digital Strategist & Communication Consultant

Content is king, only if they are in the right hands. I am passionate about great content and how to deliver them to the right people. The question is “What is the right content?” That is where I come in and help people/organisations to be outstanding. My area of interests are music, travelling, movies, blockchain technology, new media and minimalistic lifestyle.