Tag Archives dj

懐かしいようで未来系R&B!? | Music

2014年03月16日 Sun

2000年前後の懐かしいR&Bをモダンに仕上げたこの曲が耳にとまったので紹介したい。ロンドンをベースに活動するBok Bokというプロデューサー/DJとKelelaというLAの黒人シンガーの異端なコラボレーションがそう聞こえさせるのかもしれない。Kelelaの歌は良き時代のR&B風で最近ではなかなかいないタイプのシンガーなのかなと思います。一方ではBok Bokも自身の楽曲やDJミックスはこの楽曲「Melba's Call」とはほど遠い。 Kelelaの声がとても心地よく、同時にビートが現代的でトリッキーでありながら、どこか懐かしいテイストを併せ持っているところが上手に融合したのだ。自分のように「なんだ、この曲?」と思った人は少なくないはずです。是非聞いてみてください。 Bok Bok feat. Kelela - Melba's Call https://soundcloud.com/bokbok https://soundcloud.com/kelelam http://www.theguardian.com/music/2013/oct/27/one-to-watch-kelela

日本のテクノシーンを牽引する実力派 | Music

2014年01月20日 Mon

日本ではクラブが摘発されたり、若者のクラブ離れだとかで依然ダンスミュージックシーンに逆風が吹き荒れていますが、音楽クリエーターはまだまだ元気なようです。日本発で最先端のテクノミュージックを奏でるDJ/プロデューサーデュオ「DRUNKEN KONG(ドランケン・コング)」はDJ Singh(日本とインドのハーフ)とDJ KYOKOの二人でクラププレーから楽曲制作までこなすといいます。筆者も何度かDRUNKEN KONGのセットを聴いたことがありますが、本格テクノを聴きたいなら間違いなく外せない存在だと思います。適当なダンスイベントに行くなら、彼らの音楽をお酒を飲みながら聴きに行った方が断然オススメです。 2011年にDRUNKEN KONGとしてデビューして以来、WOMBやageha、Airなどでプレーを重ねてきてます。DRUNKEN KONG名義でリリースされた楽曲は海を渡り、イタリア(Beenoise Records)やイギリス(Twisted Records)、国内ではShin Nakamura氏が主宰するレーベル「Plus Records」から10曲以上をリリースしています。 今回の1時間のDJミックスは先月行われた九州ツアーミックスと題されていまして、最新ミックスになります。知ってる人も知らない人もチェックして、周りの音楽ファンに届けてあげましょう。 UPCOMING GIGS 2/15 Session Womb with D-Unity@WOMB 2/22 川崎CITTA(詳細はTBA) 楽曲の購入はこちら DRUNKEN KONG Official Website

世界が認めた若手DJ/プロデューサー | ミュージック

2014年01月16日 Thu

まだ十代なのにも関わらず、既にクラブシーンでその名前は広く知られているフランス出身の才能の固まり「マット・ファックス(MATT FAX)」の曲を今日はご紹介。元々は2010頃にエレクトロハウスというジャンルでシーンに入り、最近はプログレッシブハウスからテクノの界隈を一際目立つトラックで賑わせている。メロディアスな楽曲が多い中、この曲はテクノよりで、より大人向けという感じではありますが、かなり好きな曲の一つです。 既にリリースされている楽曲はColorize (Enhanced Music), Silk Music, Macarize等の数多くの世界的に名立たるレーベルからリリースされているというのも彼の実力を証明していると思います。ハウスな曲もたくさん良い曲があるので、気になる方はbeatportのランキングやSoundcloudから視聴してみるのも良いでしょう。 MATT FAX - Deadline (Original Mix) http://www.beatport.com/artist/matt-fax/254662 Buy Track here! http://soundcloud.com/mattfaxmusic Interview: http://www.electrifiedbeats.com/exclusive-interview-matt-fax/

ウクライナ発の生中継DJセット「Radio Intense」| ミュージック

2013年11月19日 Tue

東欧のクラブミュージックシーンは常に進化し、発信を続けているようです。ウクライナのトップDJが生中継でDJセットを披露する場「Radio Intense」を作り、世界に発信しています。Spartaqueを始め、ウクライナ出身のテクノからハウスを中心とするDJ、プロデューサーが名を連ねます。正直まだ聞いたことないDJもいますが、やはりウクライナだけあって音はめちゃくちゃカッコイイです。 このセットはSpartaqueのアーカイブ映像ですが、こうやってアーカイブを楽しむという方法もありです。ホームパーティーとかで大画面にこの映像を映しながらその場を盛り上げるという方法をいつか試してみたいくらいです。ウクライナのシーンをじっくり楽しむこともできるのが良いですね。 DJ映像を複数の角度から撮っているので、実際DJを勉強中の人は勉強にもなりそうです。 -------------------------------------- Spektre - Reverion (Original Club Mix) Green Velvet, Riva Starr - Robots (Original Mix) Phunk Investigation - Trouble (PhunkaTek Mix) Bryan Zentz - Dialers (Original Mix) Marck D, dnaser - Boogie (Sadder Vs Alex Young Twisted Mix) Spartaque - Liquid Dreams (Premaster Mix) Smeek - White Lobster (Original Mix) Maximus Bellini - Get Off Someone's Back (Farrel 8 Remix) Magitman - Demolition (Original Mix) Harvey McKay - Lost (Original Mix) Jay Lumen - No Money No Honey (Original Mix) Alex Opteck - Others (Original Mix) Greg Slaiher - Bad ...

シルクの様なプログレハウス | ダウンロード

2013年11月03日 Sun

このミックスは最新のメロディー重視のプログレハウスの中で耳に止まったので紹介したいと思います。主に奇麗なメロディーに強い上質な音楽を発表し続けるSilk Musicのゲストミックスとして登場したMax Dillonですが、1999年からクラブシーンで活動していて、当初はエピックトランスなどのジャンルからNu Disco, Deep House, Progressive Trance, Progressive Breaksなど幅広くプレーするDJとしても知られています。 今回のDJミックスは最新のプログレハウスを惜しみなく聞け、作業中や集中したいときに聞いてもあまりうるさ過ぎないジャンルなのでお楽しみください。 https://soundcloud.com/max-dillon https://www.facebook.com/djmaxdillon この機会にSilk Musicのレーベルもチェックしてみてください。   http://www.youtube.com/user/silkmusicchannel 【SETLIST】 1. ID - ID (Ma5haria's Sundowner Mix) 2. Toby Hedges - Images (Original Mix) 3. Montends - Wonderland (Original Mix) 4. Roald Velden - Broken Heart (Vintage Colors Remix) 5. iDD - Icy Mountains (Digital Cassette's Ice Dice Mix) 6. Vitodito - Valencia (eleven.five Remix) 7. Shingo Nakamura & Jacob Henry - Words Unspoken (Original Mix) 8. ID - ID (Original Mix) 9. ID - ID (Digital Cassette Remix) 10. ...

Matan Caspi1時間 DJミックス発表 | ダウンロード

2013年08月20日 Tue

最近のDJで精力的に活動している人は月1で1時間のDJミックスを発表してくれるので、好きなDJのミックスを聞くのが月1の楽しみになってきます。 Matan Caspiはその中でもDJミックスの選曲はもちろん、本人の作品からリミックスまでどれも聞き応え満点です。まだまだ知名度はないものの、今のEDMの流行とは違う次元で活躍してもらいたいなと心から思います。EDMのシーンは別に嫌いではないですが。過去にも紹介させてもらったいます。 http://matancaspi.com/ www.facebook.com/Dj.Matan.Caspi

大注目のMatan Caspi | ダウンロード

2012年10月19日 Fri

近年のクラブシーンが盛り上がりを見せる中、2010年以降素晴らしい活躍をみせているDJ/プロデューサーがいます。リリース先のレーベルを並べればどれだけ注目を浴びているかは一目瞭然です。Little Mountain, Pacha, Global Underground, Baroque, Spinnin' Records, Harem, Enorumous, Tunes, Armada, Unreleased Digital, Ultra, Audio Damage, Haiti Groove, Afterglow等と名だたるレーベル名が連なり、世界中のプログレッシブ・ハウス、テック・ハウス、テクノ、ディープ・ハウスのシーンで欠かせない存在であると言っても過言ではありません。 そのMatan Caspiが毎月DJミックスを無料で公開しています。しかもフリーダウンロードが可能なので、まずこちらを楽しんでもらい、気に入った方は他の作品もチェックしてください。 こちらは今月に入ってからリリースされた"Matan Caspi Presents: BEAT AVENUE RADIO SHOW 013 - OCTOBER 2012"です。 http://matancaspi.com/ www.facebook.com/Dj.Matan.Caspi

Kill The Noise – Perfect Combination (Codes Remix) | ミュージック

2012年10月07日 Sun

ニューヨークを拠点に活動するビートメーカー「Codes」。ヒップホップとハウスミュージックの良き時代を彷彿とさせるサウンドが特徴で、グルーヴの中に懐かしさを感じます。DJ、プロデューサー、オーガナイザーと幅広く活躍し、その長年の経験が現在の彼の音を構築しています。 Deadmau5のレーベル、Mau5trapからもリリースしているkill the noise の楽曲 「Perfect Combination」のCodesリミックスは、彼の特徴が存分に発揮されている作品なので、是非聞いてください。 Codes soundcloud : http://soundcloud.com/codeshouse Codes facebook : https://www.facebook.com/CodesHouse

「C2C」話題の復帰作 | ミュージック

2012年09月18日 Tue

過去の記事でも取り上げたフランス出身の4人組DJユニット「C2C」が今月発売した復帰作「Tetra」。その中でも注目したいのはフルアルバム限定曲の「Le Banquet Feat. Netik, Tigerstyle, Rafik, Kentaro & Vajra」。DMC Wolrd Champions4連覇を成し遂げただけあり、炸裂するスクラッチスキルは見事である。プロダクションだけでなくプロデュース力が一流なのも魅力の一つである。ちなみにこの楽曲にはDJ Kentaroも参加している。 Website: http://www.c2cmusic.fr/en/about/ Facebook: http://www.facebook.com/ C2Cofficial Twitter: @C2Cdjs Soundcloud: http://soundcloud.com/c2cdjs C2C's 1st album : TETRA // NOW AVAILABLE : http://bit.ly/OfeYLs

4人組DJユニット”C2C” | 映像

2012年09月05日 Wed

一般的にはあまり馴染みのない名前かもしれない"C2C"。彼らは実は世界的なDJの大会DMC World Championsにて4年連続(2003年-2006年)優勝経験があり、DJ界では有名。2005年のITF World Championでも優勝という実力を誇る。 4人は高校で出会い、その後共に彼ら独自の音楽のスタイルを築いてきた。DJ Greemと20Sylはフレンチヒップホップバンド"Hocus Pocus"のメンバーとしても活躍中。AtomとPfelもフレンチエレクトロシーンで活動していたが、2011年にC2Cとして再始動した。 彼らの音楽を聞くとわかってもらえると思うが、とても音楽的であり、且つライヴパフォーマンスも非常に面白い。長年のキャリアを生かした息の合ったパフォーマンスは必見である。 Website: http://www.c2cmusic.fr/en/about/ Facebook: http://www.facebook.com/C2Cofficial Twitter: @C2Cdjs Soundcloud: http://soundcloud.com/c2cdjs