Tag Archives football

スーパースター対決第二弾 #EpicFoodでドログバ vs メッシ | 映像

2014年12月03日 Wed

コートジボアールの英雄ディディエ・ドログバとアルゼンチン代表リオネル・メッシによる「美味しいモノ対決」がトルコ航空の企画第二弾が発表された。以前、NBAのKobe Bryant(コービー・ブライアント)とメッシの自撮り対決も非常に面白い作品でした。 Kobe vs. Messi: The Selfie Shootout ドログバが世界を飛び回る中、美味しい料理に下積みする中、どうしても気に食わないことが。。それはメッシがいつも先に来てることが記念写真で明らかに。どこに行ってもメッシが足を運んだ形跡があり、ライバル心がふつふつと… 京都で日本食を味わいっている最中にも... どこに行っても壁にはメッシの笑顔が待ち構えているという...こんな展開ありうるのかという感じですが、これくらい世界中を飛び回っているメッシだったら、なんとなくあり得るんじゃないかと一瞬思ってしまいます。 しまいには、トルコ航空の機内での食事をして、シェフとのツーショット。 これならさすがのメッシも…と思いきや衝撃のエンディング。 1分バージョンはこちら この映像はトルコ航空のCMとして制作されたものですが、こういう面白いCMはネットでのプロモーションにはとても有効的。だって、普通の広告とは違って、ユーザー目線で作られているし、何より見てて楽しい。こういうコンテンツ作りは既にスタンダードになりつつあります。  

フリースタイルフットボーラーのショーン・ガルニエが語る「ストリートスタイル」| 映像

2014年11月27日 Thu

レッドブル(RED BULL)主催のストリートスタイルフットボールがブラジル、サルバドールで行われた。2008年のチャンピオンで、レッドブル公式アスリートでもある、「ショーン・ガルニエ」がストリートスタイルフットボールについて語ります。 ショーン・ガルニエは審査員として、どのようなことを評価するかという問いに対して、オリジナリティーが何よりも重要と言います。この競技はただリフティングを音に合わせてやっているわけではなく、ボールは一つの要素に過ぎない。ステージがあり、MC, DJ, 観客とボール、そして個人が披露する技やクリエイティブなムーブの全てが採点に影響するわけだ。 どんな分野でも一番になるということは他の誰もができないことをやってのけるということ。周囲の人が何をやっているとかは関係なく、自分が一番得意で好きなことを一生懸命磨くことが頂点への道なのだという。一度はサッカーを挫折しても、フリースタイルフットボーラーとして頂点に輝いたショーン・ガルニエの隠されたメッセージがとても意味のあるメッセージだと思います。 「誰もができなかったことをやってのける」 これが観客を魅了するのだと。 Freestyle Football Battles in Brazil - Red Bull Street Style 2014

サッカーをポケットの中に。Nike Football App登場 | Technology

2014年08月05日 Tue

ワールドカップは終わったけれども、サッカーは終わらない。スマホアプリとしては珍しく、ナイキらしいiOSとAndroid用のアプリが登場、その名も「Nike Football App」。このアプリを簡単に要約するとこんな感じ。 ・ サッカー仲間とのコミュニケーションツール ・ Nike Footballからの最新ニュースフィード ・ Nikeが主催するサッカー選手用のトライアルへのアクセス 一見ぱっとしないかもしれないけど(特にサッカーしない人には)、サッカーコミュニティーに参加したい/参加している人にとっては無料にでこれが手に入るとなると別だ。一つ一つ詳しく見ていってみよう。 サッカー仲間とのコミュニケーションツール サッカーは1人でやっても面白くないので、仲間が必要だ。そこでこのツールの出番となる。自分のプロフィールを作成後、スレッド(クルー)を立ち上げ仲間同士でチャットする。インストールしてみるととてもシンプルなデザインで文字もスマホで見ても非常に見やすい。海外ではTrash Talking(トラッシュトーキング)という言葉があり、スポーツ選手同士でお互いを牽制・威圧したりするコミュニケーションがある。このツールはそれをオンラインでできてしまうというわけだ。ちなみにアプリ専用のEmoji(絵文字)もあり、会話を更に楽しくしてくれそう。 Nike Footballからの最新ニュースフィード ここではNikeからサッカーにまつわるニュースなどが流れてくるフィードだ。まだリリースして間もないけれども、これから更にコンテンツが充実してくることが予想される。また、同じフィード内にNikeの最新サッカーシューズの紹介が流れてくる。Nikeとしては、サッカーファンとの接点となるこのアプリ上で自社の商品を上手に宣伝していくことができるわけで、あまり広告っぽくないところがまた購買意欲を掻き立てる。これからどんなコンテンツを配信していくかに期待。 Nikeが主催するサッカー選手用のトライアルへのアクセス この機能についてはトライアルテストの時期になるとユーザー向けに通知が届き、自分の腕に自身のある人にはNike主催のNike Academyのテストに応募できるようになるということでしょう。 この手のアプリはこれから様々な分野で増えてくることが予想されるので、注目してみました。 アプリの無料ダウンロードはこちらから。 iOS版 Android [SOURCE]

ワールドカップの前にこれを見るべき!| 映像

2014年06月09日 Mon

FIFA WORLD CUP 2014の開幕を目前にして、サッカー熱が世界中で上昇していきている頃ですね。この時期にばっちりな映像を発見!この映像はフィルムディレクターのGuillaume Blanchetさんのもので、2年前にも「The Man Who Lived On His Bike」で大反響を呼んだ敏腕ディレクター。 この映像は非常にシンプル。彼の好きなことを3つ掛け合わせた作品なんです。それは、ショートフィルム×ジャグリング×旅。以上。 " Bounce is a new combination of several of my passions: the short film, juggling and travel. " 4分間で彼の情熱があなたの五感に突き刺さること間違いないでしょう。 BOUNCE - This is not a freestyle movie from Guillaume Blanchet I Filmmaker on Vimeo. Design, construction, installation: Guillaume Blanchet Musical composition: Stephen Gaudreau (Apollo Studios), Dominic Voyer texts and voice BU, Erin Elizabeth Hibberd Staining and postproduction: Roisan Gilles Julien Demers-Arsenault

夢を諦められなかったサッカー少年 | 映像

2014年01月09日 Thu

プロサッカー選手を夢みていた「ショーン・ガルニエ(Séan Garnier)」に転機が訪れたのは怪我をしたときだった。現在、彼はフランス出身のフリースタイルフットボール選手で、レッドブルアスリートでもあります。スポーツ選手にとって怪我は大きなダメージになりえるほどのインパクトがあり、彼もその例外ではなかったとか。サッカーへの情熱だけが残されたまま、そのままサッカーのインストラクターをパリで始めた頃、新たな道が彼の目の前に開かれたそうです。それが「フリースタイルフットボール」だったというわけです。 フリースタイルフットボールはブレークダンスとフットボール(サッカー)を掛け合わせた競技でアート的な要素を持ち合わせた競技と言えるでしょう。点を取るサッカーから見せるサッカーへと転身したショーン・ガルニエは間もなくその実力を身につけ、2008年にブラジルのサンパウロで行われたRed Bull Street Style World Finalsで見事チャンピオンに輝きます。 彼のスタイルはとてもユニークでブレークダンスとフットボールに加え、音楽、バスケットボールをも取り入れるという斬新なスタイルでファンを虜にしてきました。ちなみに日本人でも徳田耕太郎氏や横田陽介氏など世界的にも有名な選手が活躍しています。

illadelphmatic – The Roots × NaS | ミックステープ

2012年05月20日 Sun

DJ Mick Boogieのミックステープはどこか哀愁が漂っている。 彼はNYCを中心に活動しているDJで、世界中の大都市で開催されるホットなイベントで客の心を掴んできた。2011年の夏、DJ Jazzy Jeffと発表した"Summertime 2"は太陽の下でビールでも飲みながら聞くにはもってこいの作品だった。そんな彼の作品の中から渋いミックスを紹介したいと思う。 このミックステープは「The Roots」と「NaS」のコラボ作品となっており、未発表曲、リミックス、レア曲がふんだんに盛り込まれている。 今や説明不要であろう、フィラデルフィア出身ヒップホップバンド「The Roots」。 1989年から活動を初め、23年間のキャリアの中でグラミー賞受賞など数々の華やかな功績を残している。 一方クイーンズ出身のNYを代表するラッパー「NaS」は1994年以降リリースした8枚のアルバムはプラチナやマルチプラチナを記録し、米国のみだけで脅威の1300万枚のアルバムセールスを記録し、多くのファンが彼のリリックに魅了されてきた。 この作品は90年代の楽曲を多くフィーチャーしており、懐かしくもありヒップホップが今ほど加工されていなかった時代の空気感を肌で感じとれる内容になっている。 最近のヒップホップは物足りないという方に、是非聞いてもらいたい。 Free Download from here. View post