Tag Archives music

Yosi Horikawaが奏でる聴いたことのない「音」| Music

2014年11月06日 Thu

オリジナリティをどう磨くか。これは全ての人が一度は向き合ったことのある議題でしょう。 音楽の世界では音を操り、どのように気持ちよく聞こえさせるかというテーマを持って皆楽曲制作に励んでいることだと思います。 オリジナリティと言えば、日本のクラブミュージックシーンで言うと右に出る者はいないと言っても過言ではないくらい究極のオリジナリティを追求するアーティスト/プロデューサー、Yosi Horikawaをご紹介。 彼のスタイルはシンプルで、世の中にあるありとあらゆる音を実際に録音・サンプルして、それらの音を使って楽曲を作ります。テクノやハウスなどが得意なのかなという印象ですが、ジャンルはもはや関係ないくらいその音は多岐に渡ります。 自然音などが心地よい彼の音楽を聴いてみてください。 最近行われたRed Bull Music Academy主催「RBMA TOKYO 2014」に出演した際のライブセットはこちら。 このセットの中でも個人的に好きな曲は「Grandpa」。インドネシアなどで聴けそうなオリエンタルな雰囲気の音が入っていて、とても幻想的、かつパワフルな曲です。 世界でも最先端のアンダーグラウンドミュージックプラットフォームと言われるBoiler Roomdに出演したことも。このセットも間違いなくオススメ。 BUY & LISTEN HERE! [SOURCE]

音楽で癌と戦う人たちを応援する「REMISSION」 | ダウンロード

2014年09月01日 Mon

2人に1人の男性、または3人に1人の女性が生涯内で癌と診断されるようになると言われているそうです。そんな病に立ち向かうべく、SU2C(Stand Up To Cancer)という団体が研究を続けることによって、この問題に立ち向かおうとしています。そんな活動に奇才を放つとあるラッパーが大きな役割を果たしているので紹介します。その曲名は「REMISSION」(REMISSION: 病状などの一時的な回復、和らぐこと)でSoundz and Duke Da Monstaのプロデュース。 米国のシカゴ出身の実力派アーティストが結集してできたこの曲。Lupe Fiasco(ルーペ・フィアスコ)を中心として、Jennifer Hudson(ジェニファー・ハドソン)とCommon(コモン)という大物をゲストに迎え出来上がったこの曲のミュージックビデオが公開されました。楽曲はiTunesなどから購入可能です。 募金されたお金は100%癌の研究やプログラムに当てられるそうです。 9月5日(8PM/7 Central)にabc, CBS、FOX、NBCなどでテレビ番組が放映されます。 Lupe Fiascoはラッパーとしても実力は頭一つ抜けている感がありますが、その他にも経営者としての顔も持っています。アパレル事業(Righteous Kung-Fu and Trilly & Truly)から1st and 15th Entertainemntの経営、Reebokのスニーカーのデザインに関わったりチャリティー活動にも精力的です。彼もその他の多くのラッパーと同じくスラムで育ち、そこら中で売春、薬物売買、殺人、ギャングなどと隣り合わせの環境で育ってきました。しかし、彼のリリック(メッセージ)はとても知的で、それは家の中ではナショナル・ジオグラフィックの雑誌や辞典など様々な本が揃っていたといいます。文学に明け暮れた結果が彼のラッパーとしての歌詞に溢れ出ているように思います。 音楽アーティストとは音楽を奏でる人たち。これが一般的な音楽アーティストのイメージでしょう。音楽を作って、人々に届けるのがミュージシャンであり、音楽アーティストなのです。特にセレブリティーとなると影響力が強いので、社会貢献にも一役を担うことができるわけです。これからのアーティストの役割としては社会にどれだけ貢献できるのかということは筆者としてもかなり注目しています。世間の音楽への見方を変えてくれるきっかけになるのではないかと。もちろんこの楽曲自体は最高にカッコイイです。 We Are Mission 募金はこちらから>>Stand Up To Cancer [SOURCE]

LA発の未来の音楽基地「SOULECTION」| Music

2014年08月18日 Mon

“Do What You Love” このキャッチコピーが光るLAを拠点に活動を続ける比較的新しい音楽レーベル「SOULECTION」。世界中からニッチな良いチューンを厳選してかき集めることに情熱を燃やす少数精鋭の新興レーベルだ。今ヨーローパツアー中のようです。 ウェブサイトによると、5人の個性的なメンバーから成り立っているこのレーベルは、Joe KayとAndre Powerという二人の音楽愛好家によって共同設立された。「未来の音楽」を追求するというこのレーベルは既に数年で世界的にも注目のレーベルへと急成長を遂げている。既に今年の春に来日も実現し、日本人アーティストのstarRoも所属する。西海岸らしい、ヒップホップの要素を取り入れながらも、未来的なサウンドを楽しむことができる。 個性派揃いのこのレーベルならではの音楽が聞けるのは間違いない。Soundcloudでは多くのミックスが定期的に配信されているので、フォローしてみよう。筆者のいくつかお気に入りを紹介したい。 最近知ったLittle Simz。カッコイイ。 Iman Omariもかなり好き。 日本人アーティストのstarRo この随分前にこのレーベルを知ったきっかけとなったEsta. あのBoiler Roomとのコラボも実現 その他にもRed Bull Music Academyとも良い関係を築いている。 とにかくめちゃくちゃお洒落なものから、フロアで踊りたくなるようなものまで幅広い。 また、運営メンバーでもあるMontalis Anglade "Monty”(Diretor of Tech)が運営するNPO団体のVisual Vibezも面白い。ボランティアによって支えられているこの団体、アートや音楽を通してコミュニティーに貢献していくということをミッションに活動をしている。そもそも、音楽とかアートとかは子供などにとっては好きなことに打ち込むということを教えてくれる大事なものであり、文化的価値の高いものだ。そういう力を借りて、そういう力を必要としている多くの子供達に貢献している。

ストリートミュージシャンが交わり合うとこうなる | 映像

2014年05月28日 Wed

普段何気なく街中で見かけるストリートミュージシャン達。彼らはもちろん自分たちの音楽をシェアしたいという気持ちを持って演奏に日々励んでいるわけですが、そんなミュージシャンたちってちょっと迷惑って思う人もいるかもれません。でも、この映像を見るときっとあなたも「音楽の本当の力」を目の当たりにすることでしょう。即興で音楽が交わるってこういうことなんだなと。 音楽はダンスなどと似ていて、言語の壁がないと言われています。日本ではまだまだ海外で活躍するミュージシャンやアーティストは多くありませんが、海外では昔から言語や人種の壁を飛び越えて、音楽を作ったり、演奏したりしてきた歴史があります。 この映像もその象徴と言えるものだと思います。 街中でふと足を止めて、ストリートミュージシャンの音楽に耳を傾けれる余裕を常に持って生きていたいですよね。 ちなみにこの映像。5月17日に公開されましたが、既に1,300万回以上のプレー数を叩き出してます。 このバイブス、たまらないです。 Jesse Rya: https://www.facebook.com/JesseRyaMusic

ディラン・オーウェンという詩人 | ダウンロード

2013年12月30日 Mon

今年最後のアーティスト紹介はこの人、NY出身の若手アーティスト、ディラン・オーウェン(Dylan Owen)。年末ということで、あれこれ思い出す時期にぴったりな曲「The Window Seat」はシンプルなトラックに得意のストーリーテリングで青春の匂いを漂わせるリリックです。 ラップって多様化してしまったので、様々な楽しみ方があって良いと思いますが、個人的にはやっぱりリリックの強いアーティストには惹かれます。それはシンガーであっても歌詞が良い方が心に刺さるのは間違いないし、音楽を聞いていると本を読んでいるみたいに、他人の大事なメッセージがこもってたりするわけですから。 ディラン・オーウェンはMac Miller, Wiz Khalifa, Yelawolf, Chiddy Bang, Mac Lethal, Grieves, Asher Roth, Elliott Yaminなどのオープニングアクトもこなしてきてはいますが、まだまだ無名だと思いますが、確実に実力のあるアーティストだと思います。 Dylan Owen - The Window Seat Yeah whenever I hear the name Molly I think of high school Sweet and unfulfilled teen prophecies at a drive through Sleepy town sweaters and property that we'd climb to Soundtracks to movies we probably could have died to And every time I hear the name Annie I think of heart break Laying still forever watching kissing camel park shapes How love went flying ...

「Cryptex」のグリッチを1時間で聴き尽くす | ミュージック

2013年11月18日 Mon

グリッチホップシーンの天才プロデューサー「クリプテクス(Cryptex)」を1時間で聴き尽くすことができるメガミックスがあり紹介したいと思います。まだ二十歳前後という年齢で稀に見る楽曲構成や斬新さとして大注目の一人です。この破壊的な音の中に見え隠れする計算された音は単純にすごいと思います。ダンスの映像とかにすごく合いそうですよね。スピーカーが飛ばないように気をつけてください。 グリッチホップというジャンルを知らない人は過去のこちらの記事をどうぞ。 Tracklist: - 1.Concerto - 2.Error - 3.The Walking Dead (Reglitch) - 4.Breathe - 5.Drive It Like You Stole It (Reglitch) - 6.Reset - 7.Ellie Goulding - Lights (Reglitch) - 8.Breaker - 9.The Glitch Anthem - 10.Slay It - 11.Go - 12.Footsteps - 13.What You Talking About (Reglitch) - 14.Kraddy - Heart Anthem (Remix) - 15.Antique Gucci (Reglitch) - 16.My Glitch In The Club (Reglitch) - 17.Synthesizer Genre: Glitch Hop Cryptex: https://soundcloud.com/cryptex

イスラエル人が東京をマッシュアップ | 映像

2013年11月09日 Sat

Kutiman(クティマン)はイスラエル出身のオーディオ・ビジュアルアーティスト。世界中の誰かがYouTubeにアップした無数の映像や、自ら撮影した映像を素材に、常人離れした集中力と膨大な時間をかけてカット&ペースト&マッシュアップし、全く新しいインスピレーションあふれる作品を作り上げる、イスラエルが世界に誇る才能と言ってよいでしょう。 世界中の新聞、雑誌、ブログに取り上げられ、Timeマガジンが選んだ「2009年のベスト50発明」に選ばれた程で、この「Thru City」プロジェクトでは、その街に暮らす色んなジャンルのミュージシャンたちの協力を得て、その街の騒音や風景を撮影、マッシュアップしてしまうことで今までになかった形でその街の奏でる音を表現することに成功しました。 今回ご紹介する映像、「クティマン・スルー東京」は彼が一ヶ月間日本に滞在した時に撮影・録音した素材を元に制作された作品で、「Thru Tokyo」(明和電機やHIFANAらが参加)は2013年10月に高崎市で開催された「高崎音楽祭」にて全世界初公開されました。 Musicians: KEIZOmachine! (HIFANA) [FRESH PUSH / Kaossilator / Turntable] Juicy (HIFANA) [ASALATO / Nose Flute] 塩高和之 Kazuyuki Shiotaka Biwa 小林真由子 Mayuko Kobayashi Koto 竹井誠 Makoto Takei Nohkan / Shinobue / Shakuhachi 石井千鶴 Ishii Chizuru [小鼓 / 太鼓] Tsuzumi / Taiko 明和電機 Maywa Denki a.k.a Novumichi Tosa [パチモク / オタマトーン] Pachi-Moku / Otama-Tone 鎮座DOPENESS 三根星太郎 Seitaro Mine For more from Kutiman: http://www.youtube.com/kutiman

Virgin Americaの見飽きない機内安全ムービー | 映像

2013年11月04日 Mon

Virgin Americaがつまらないことを楽しく見せることで人々の注目を惹くということを実証してみせました。いつも飛行機に乗るとCAが機内の安全を説明しますが、正直ほとんど聞いてないって人がほとんどだと思います。どんなに大事なことでも人間ってつまらないものには注意を寄せない習性があるのかもしれません。 この「Virgin America Safety Video #VXsafetydance」はリリースされて間もないですが、既にYouTubeで400万回再生されてますが、それ以上にSNSで大きな反響を呼んでいます。 この映像のディレクターはハリウッドの大物ディレクター「Jon M. Chu」(G.I. Joe: Retaliation, Step Up 2)が指揮し、出演キャストはAmerican IdolやSo You Can Danceのトップダンサー、シンガー、振り付け師たちと話題性も抜群です。 この企画はまだ続くみたいで、ダンスに自信がある人はこちらからオーディションに参加することで、次のVirgin AmericaのCMに参加してみることができるようです。 http://vxsafetydance.com/

A-Trak & Run DMC コラボ企画 | 映像

2013年08月06日 Tue

ヒップホップの歴史を作ってきたヒップホップグループ、RUN DMCとターンテーブリストとして世界に名を轟かせたA-Trakがadidas Originalsのキャンペーン"Unite All Originals"でコラボレーションを果たした。 こちらにアクセスするとインタラクティブな仕掛けで映像を楽しめるので今すぐアクセスしてみてください。映像も相当カッコイイので単体でも十分楽しめますが。 http://www.adidas.com/jp/apps/unite/   Behind the scenesもあります。

都会を忘れられる一時

2012年10月29日 Mon

都会暮らしが続いていると息苦しくなることありませんか?そんな貴方にもってこいなサイトがあります。calm.comという至ってシンプルなサイトで、場所、音楽、時間、ナレーションなどの簡単な設定を選択してスタート。映像に映し出された景色と共に癒しの空間を提供してくれます。是非お試しください。 このサイトでは単に癒しを求めるだけでなく、使い方次第では色んな場面で使えそうです。例えば運動後のストレッチ時に、またはヨガをしているときにに流したり。まだシーンのバリエーションは多くないものの、これから増えてくるかもしれません。一つ改善してもらいのは長さが2分と10分でしか選択できないということ。もう少し長い設定があれば良いと思うのですが。 Bunny Wailer Arabs Oil Weapon mp3 Redemption Song mp3 by Bunny-Wailer Hurts Wonderful Life (Arthur Baker Remix) download mp3s http://calm.com/