Tag Archives spain

サグラダ・ファミリアが完成したら!? | 映像

2013年09月30日 Mon

スペインのバルセロナにある建築家アントニ・ガウディ (1852–1926)により設計された世界的建築、サグラダ・ファミリアは着工から130年も経っているがまだ建築中です。2026年には完成する予定で今日も工事が進められているのですが、これから12年余の間にこの建築がどのように形作られていくのかを、空撮のCG合成した映像で完成するまでのイメージをお楽しみ頂けます。 現状のサグラダ・ファミリアを見た自分としては、もう既に完成に近いような錯覚に陥りますが、実はまだまだ先は長く、完成された建築は遥かに僕らの想像を超えていることがこの映像を見るとよくわかります。 実際した完成されたサグラダ・ファミリアをその場で早く見てみたいですね。

「夏のバルセロナ」 | 映像

2012年10月13日 Sat

スペインのバルセロナは人口約486万人、その街に毎年500万人を超える観光客が訪問しています。なぜ、それ程までに外国人の観光誘致に成功しているのでしょうか? 答えはコンパクトな都市設計と観光戦略にあるようです。 最も成功した都市開発として国際的に高い評価を得ているバルセロナは、半径わずか5kmの円内に市街地、港、空港、生活施設の全てが収まっています。その市内の観光スポット合計44カ所を2階建ての観光バスが巡っており、一日21ユーロで乗車できます(乗り降り自由)。バスの席にはイヤホンを挿す場所があり、日本語だけでなく各国の言語で説明を聞きながら、効率的にゴシック地区や新市街、モダニズム建築を回れます。 そういった観光戦略は、プロモーションを専門に扱う機関「ツーリズム・デ・バルセロナ」(TDB)により実施されておりリピーターの確保を基本戦略とし、満足度の向上を心懸け質の高い観光を形成しました。 地中海の温暖な気候、薫り高い文化と豊かな自然、観光客を魅了してやまないバルセロナを体感できるチルトシフト映像を今日は紹介します。 Pau Garcia Latina official : http://paugarcialaita.tumblr.com

サグラダファミリア 3Dプロジェクションマッピング「Ode à la vie」| 映像

2012年10月03日 Wed

バルセロナのシンボル「サグラダファミリア」に3D映像を投影した作品が、バルセロナ最大の祭り「メルセ祭」のプログラムの一つとして上映されました。 現存する建築物の中でも随一の複雑さを誇るサグラダファミリア。建物に投影する3Dプロジェクションマッピングとしては、世界一面白い作品なのではないでしょうか。 サグラダファミリアの持つ独特な世界観を残しつつ、壮大に輝くショーをお楽しみください。

アフォンソ・マイア | ミュージック

2012年08月30日 Thu

前回に引き続き今回もテクノミュージックのご紹介。今回はアフォンソ・マイアというスペインを拠点とするプロデューサーだ。活動は1996年にスタートし、エレクトロハウス、プログレッシブハウスなどを通り、現在はテクノシーンで活動している。彼の作品はNew Republik, 1605, Sabotage, Nuuktal, Butane, Code2, Finetoolなどの数々のレーベルからリリースされている。 この曲は最近同誌でも取り上げているアッパーテクノ系の非常にパーティー向けチューンだ。 Soundcloud : soundcloud.com/afonsomaia Facebook : facebook.com/pages/Afonso-Maia/1320344  

少女の持つ「1枚のコイン」から始まるサプライズ | Video

2012年07月23日 Mon

スペイン、カタルーニャ州サバデイの広場で行われたフラッシュモブの映像。少女が路上演奏するコントラバス奏者の帽子に入れた「1枚のコイン」をきっかけに素敵なサプライズが始まる。 楽団によって演奏されるベートーヴェンの交響曲第9番を思わず口ずさむ人々、笑顔で体を動かす子供達。喜びが伝達していく様から音楽の持つパワーが感じられる。 スペインの銀行「Banco Sabadell」の130周年を記念したフラッシュモブで、総勢100人以上の有志が参加した。 日本の企業にもこういったサプライズを積極的に企画・展開してほしいと願う。

世界一美しい夕日が沈む島 イビサ | Video

2012年05月26日 Sat

スペイン東部沖に点在する「バレアレス諸島」の1つ、イビサ島。 ヨーロッパ有数のバカンス地となっておりクラブミュージックの聖地と言われるこの島には、音楽以外にもたくさんの魅力が詰まっている。 白い家が建ち並ぶ旧市街、地中海性のカラッとした気候、真っ青な海が広がるビーチ、絶品のパエリアなど数ある魅力の中でも特にオススメなのがサンセット。島の西側にある都市サンアントニオから見る夕日は、世界一美しいと言われている。夕日が沈むとその場にいる人達から自然と拍手が生まれ、その拍手の音と共にイビザの夜が始まる。 夏にはヨーロッパの主要都市から飛行機が飛んでおり、バルセロナからの所要時間は片道1時間で、航空運賃は片道2,000円~1万円程。気軽に立ち寄れるリゾートだ。 多くの人を魅了し続けるイビサの大自然を、今日は映像で楽しんでもらいたい。