Tag Archives uk

包み込まれるような美声の持ち主、UK出身「ローレン・フェイス」の音楽に浸る | MUSIC

2015年02月01日 Sun

最近、気になる女性シンガーがいる。美貌の持ち主でとても特徴的なやさしい包み込まれるような声の持ち主の「ローレン・フェイス(Lauren Faith)」。UK出身で、シンガーソングライターでミュージシャン。彼女はマルチなタレントの持ち主で、なんとピアノ、ギター、フルート、パーカッション、バイオリンを弾けるという。View post

英国アパレルASOSがインタラクティブな映像を公開 | 映像

2014年11月08日 Sat

ファッションアパレル業界ではいち早く映像を用いたマーケティングを取り入れた英国最大級の独立系ファッションブランド「ASOS」がまた面白い映像を公開しました。オンライン販売がメインで、男女合わせて850以上のブランドの商品を取扱い、グローバルに展開しています。 インタラクティブがもはやキーワードになりつつある、この時代に初めてではないですが、クリエイティブなインタラクティブミュージックビデオという意味では面白いです。視聴者が自由に画面をクリックして、それに沿って違うバージョンのビデオを見ることができるという内容。 アパレルEC業界の競争も今後は更に加速していくと思われる中、ASOSはいち早く映像に着手した点は強いと思います。 ちなみに日本への郵送料は£15(ポンド)以上購入の場合は送料無料とのことです。通常だと14日以内のデリバリーとなるようですが、エクスプレス便を使うと£20かかりますが、4日以内の配達が可能だそうです。 エイソス(ASOS) 英国サイト:http://www.asos.com/

懐かしいようで未来系R&B!? | Music

2014年03月16日 Sun

2000年前後の懐かしいR&Bをモダンに仕上げたこの曲が耳にとまったので紹介したい。ロンドンをベースに活動するBok Bokというプロデューサー/DJとKelelaというLAの黒人シンガーの異端なコラボレーションがそう聞こえさせるのかもしれない。Kelelaの歌は良き時代のR&B風で最近ではなかなかいないタイプのシンガーなのかなと思います。一方ではBok Bokも自身の楽曲やDJミックスはこの楽曲「Melba's Call」とはほど遠い。 Kelelaの声がとても心地よく、同時にビートが現代的でトリッキーでありながら、どこか懐かしいテイストを併せ持っているところが上手に融合したのだ。自分のように「なんだ、この曲?」と思った人は少なくないはずです。是非聞いてみてください。 Bok Bok feat. Kelela - Melba's Call https://soundcloud.com/bokbok https://soundcloud.com/kelelam http://www.theguardian.com/music/2013/oct/27/one-to-watch-kelela

UKから世界の端末へ”iTunes Festival”開催中

2013年09月19日 Thu

2007年以降毎年行われている音楽フェスティバル、「iTunes Festival」は今年ものLady Gagaの公演からスタートしています。ロンドンのラウンドハウス(Roundhouse)で30日間連続で行われるこの長期フェスですが、同日に注目の新人アーティストと誰もが認めるベテランアーティストのライブを重ねることで今までにない時代を超えた空間を演出しています。 このラウンドハウスという会場もかつては列車の操車場だった建物を1960年代から80年代までの間にピンクフロイド、ローリングストーンズ、レッド・ツェッペリン、ジミーヘンドリクス等数多くの大物がステージに立っていました。80年代にいったん閉鎖されますが、2006年にリニューアルされて再開し、その後はiTunes Festival以外にも様々な催しを行っている場所です。 この未来型フェスの特筆すべきことはやはり世界のどこからでもライブ、またはオンデマンドで見れるということでしょう。ネット環境からパソコンのiTunes、apple TV, iPhone, iPad, iTouch(アプリが必要)経由でこのフェスティバルに参加できるのは面白い試みです。 ラインアップをチェックして、是非お好きなアーティストのショーを無料でお楽しみください。 ※iTunes Festival Appのダウンロードはこちら! https://itunes.apple.com/jp/app/itunes-festival-london-2013/id431168066?mt=8 ※PC, Apple TVの方はこちらへ! http://www.itunes.com/iTunesFestival http://www.itunesfestival.com/jp/

英国王室パーティーにも出演した歌姫 | ミュージック

2013年08月18日 Sun

2009年に発の作品を発表してから、そのBjorkのような一度聞いたら忘れられない歌声と上質なシンセ・ポップがすぐさま話題になり、2010年にリリースした話題作「Lights」は85万枚以上を売り上げるという快挙を達成、その歌姫の名前はエリー・グールドリング(Ellie Goulding)でイギリス生まれのシンガー・ソングライターです。 デビュー直後からすごい勢いでその名を世界に轟かせたエリー・グールドリングですが、実は最近めでたくご出産で話題の英国王室のウィリアム王子とケイト王女の結婚リセプションパーティーでも歌を披露したというのです。   先月リリースされたばかりの最新シングル「Burn」はネット上で早くも話題になり、オリジナル曲の方はYouTubeで1,600万回再生されていますが、たくさんのリミックスも上がってます。その中でもこの切ないシンセチューンを上手に仕上げた"At Dawn We Rage Remix"をご紹介。     オリジナルの方はこっちです。奇麗なポップチューン。

映画館×バー×風呂 | Places

2013年07月23日 Tue

夏も本番ということで、既に海やプールへ出かけた人も少なくないのではないでしょうか。夏には夏っぽいことをしたいのは万国共通ですが、この新感覚バー、Hot Tub Cinema (ホット・タブ・シネマ)はロンドン市内に作られた新感覚スペース。お酒を飲みながら、人気の映画を、気の知れた仲間達と一緒にお風呂に入りながら見るというコンセプトで、おまけに夏場は屋上なので、夜景も楽しめるという(冬場は屋内)。さらにバーベキューもできるというので、どこに集中すれば良いのかちょっとわからなくなりそうですが、楽しい一時を約束してくれるのは間違いなさそうです。 ちなみに気になる利用料は、シングルチケットが約4,600円、6人でバスタブを貸し切りにする場合は27,500円、8人ならば36,700円とのことです。 今後はイギリス以外の国への出店も目指しているみたいなので、いつかあなたの街にもやってくるかもです。 Hot Tub Cinema: http://hottubcinema.com/ Facebook: http://www.facebook.com/HotTubCinema justmusicstore liebemp3 yourmp3top alloffmp3 getmp3muzik

UK出身のタッグが見事に絡む | ダウンロード

2012年09月15日 Sat

彼らのサウンドはダブステップの領域を超えている。UKのブリストル出身のプロデューサー・デュオ「KOAN Sound」、ウィル・ウィークスとジム・バスタウの原点はIncubusやRage Against The Machineなどのバンドというのでその幅広さは必然なのかもしれない。 今回紹介したい音源は力強いビートと極太ベースを見事に操るKOAN Soundのサウンドに同じくUK出身の4人組ラップグループ「Foreign Beggars」がフィーチャーされた「Look Who's Back feat. Foreign Beggars」だ。ロックテイストの潜むパンチの効いた聞き応え満点だ。 この楽曲はダンスミュージック配信サイト最大手のBeatportにアカウントを持っていればフリーダウンロード可能だ。是非チェックしてもらいたい。 Download for free here: http://bit.ly/Am7fDu KOAN Sound Official Website: http://www.koansound.com/ Soundcloud: http://soundcloud.com/koan-sound Facebook: http://www.facebook.com/koansound  

グリッチホップ

2012年05月01日 Tue

世界の音楽は目まぐるしく進化している。その中でも注目なのはグリッチホップというスタイルのダンスミュージック。近年確立されたこのジャンルは、ダンスミュージックをベースにエレクトロ(特に2000年初頭からあるグリッチというスタイル)とヒップホップの流れを継承している。ラップが乗っていたり、ビートがヒップホップを彷彿とさせる曲が多い。このジャンルが活発なのはロサンゼルス、ロンドンなどの都市で、そこから世界各国に小規模のコミュニティーを築き上げている。 最近は世の中が不安定な局面を迎えているからか、UK発のダブステップなどにも見られるクレイジーな電子サウンドを良く耳にする。時代と音楽は密接に関係していることを証明しているのかもしれない。日本ではまだあまり認知度は高くないが、これらのアーティストを耳にしたことがある人もいるのではないだろうか。 View post