気鋭映像集団「AntiVJ」がメキシコのサボテンに挑む | Technology

2014年08月16日 Sat

プロジェクションマッピングという手法は日本でも比較的一般化され、表現手法の一つとして確立してきました。その一方では、その手法を用いて何をするかという点が重要視されつつあり、同時にまだまだ新しいものが出てくる可能性のある分野でもあります。

TheArk_AntiVJ2

世界的にもビジュアル集団として名高い「AntiVJ」。この作品は2013年4月に、メキシコのオアハカで開催されたデジタルアート・フェスティバルProyecta Oaxaca 2013で披露され、オアハカ民族植物学庭園のオルガンパイプサボテンへプロジェクションマッピングしたものだ。そのインスタレーションの名は「The Ark」。AntiVJのビジュアルアーティストRomain Tardy(ロマン・タルディ)がコンセプトとアートディレクション、デザイン、アニメーションを担当し、サウンドコンポーザーのSqueaky Lobster(スクイーキー・ロブスター)が音楽を制作。

Ethnobotanical garden

この「The Ark」というインスタレーションはサイト・スペシフィック・インスタレーションと言って、ある特定の場所のための芸術作品です。この作品では庭園の植物に声を与え、予想外の合唱だったり、鼓動音であったり、その不思議な世界を三つの構成で表現しています。

THE ARK from ANTIVJ is a visual label on Vimeo.

More info at antivj.com

The trail consisted of the following four works:
Onion Skin, by Olivier Ratsi & Thomas Vaquié
The Ark, by Romain Tardy & Squeaky Lobster
3Destruct | Oaxaca, by Yannick Jacquet, Thomas Vaquié & Jeremie Peeters
Réplica, by Laurent Delforge & Thomas Vaquié
All projects managed by Nicolas Boritch.

Proyecta Oaxaca
content director: Manuel Alcala
producer: Samuel Rivera
technical director: Azael Saenz

[SOURCE]

Daisuke Inoue
Content Specialist: Digital Strategist & Communication Consultant

Content is king, only if they are in the right hands. I am passionate about great content and how to deliver them to the right people. The question is “What is the right content?” That is where I come in and help people/organisations to be outstanding. My area of interests are music, travelling, movies, blockchain technology, new media and minimalistic lifestyle.