アイルトン・セナの走行が蘇る | Technology

2013年07月26日 Fri

1994年にレース中の事故で亡くなったF1ドライバー、アイルトン・セナが、1989年に記録した当時の世界最速ラップを光と音で再現したムービーが公開されました。このプロジェクトは本田技研工業のクルマと人の豊かな関係を考える「dots(ドッツ)」プロジェクトの一環として、1989年にF1に参戦したマシン「マクラーレン ホンダ MP4/5」で、アイルトン・セナが鈴鹿サーキットを走行した際のデータを元に作られたそうです。

「アイルトン・セナが残した走行データから、24年前のエンジン音が蘇る」

senna

senna7

senna6

senna5

senna4

メイキングもあるので、F1ファンの方はこちらも是非見てみてください。

Honda “dots lab”: http://www.honda.co.jp/internavi-dots/dots-lab/senna1989/

Daisuke Inoue
Content Specialist: Digital Strategist & Communication Consultant

Content is king, only if they are in the right hands. I am passionate about great content and how to deliver them to the right people. The question is “What is the right content?” That is where I come in and help people/organisations to be outstanding. My area of interests are music, travelling, movies, blockchain technology, new media and minimalistic lifestyle.