やっぱり草津温泉は日本を代表する温泉街だ | Places

2014年08月07日 Thu

都内から人気の温泉街となると箱根が1番に上がってくるだろうけど、草津温泉もその歴史や立地からしても負けていません。草津温泉への旅行は、温泉以外にも豊かな自然に囲まれた景観を楽しむのも醍醐味の一つ。標高1,200mの高原に位置しており、四季折々様々な顔をのぞかせています。これから2020年に向けて外国人旅行客も更に増えることも予想し、その観点で草津温泉を見てみました。

Kusatsu_HotSpring2

草津温泉のまとめ

• 都内(上野駅から)から最速電車で2時間半弱
• 温泉街がコンパクトにまとまってる(1泊2日の旅にはもってこい)
• 街の雰囲気に歴史を感じる
• お湯がとてもいい
• 見所が多く、楽しみ方もいろいろ
• 価格もリーズナブル
歴史
江戸時代の温泉番付では当時の最高位である東大関に格付けされた、日本を代表する名泉の一つです。湯畑で有名なこの温泉、最初に発見された時期というのは様々な説がありますが、1400年代以降草津温泉を訪れたとする著名人の数は多くいるといいます。また、現在約2ヶ月に一度の割合で採取されている湯畑の湯ノ花が実17世紀後半の頃より続けられていると言うこともご存じだろうか?湯ノ花一つをとっても実に歴史の長さを感じさせる草津である。

交通手段
主な交通手段は電車、バス、車
ここのサイトに解りやすく解説されています。

JR上野駅=【特急「草津」2時間28分】=長野原草津口駅 (JR接続バス25分)=草津温泉
新幹線&レンタカーで(所要約2時間30分)
東京駅=【長野新幹線1時間10分】=軽井沢駅(R18・145・146・292)=草津温泉
車で(所要時間:約3時間30分/3時間40分)
練馬IC=(関越道)=渋川伊香保IC=(R353・145)=長野原(大津)=(R292)=草津温泉
練馬IC=(関越道・上信越道)=碓氷軽井沢IC=(R18)=中軽井沢(R146・292)=草津温泉
バスで(所要約4時間30分)
新宿=【JR高速バス「上州ゆめぐり号」】=草津温泉(3時間程度)

メインスポット

Kusatsu_HotSpringYUBATAKE
湯畑。温泉街の象徴的場所。ここを中心に徒歩で巡ります。奥の方に見えるのが光泉寺。上まで登ると温泉街を一望でき、遠くの山々が奇麗に見えて良い眺め。

Kusatsu_NishiNoGawaraPark_1

西の河原公園。中心から情緒溢れる温泉街を通り抜けて徒歩10分程度のところ。温泉が湧き出ています。

Kusatsu_NishiNoGawaraPark_2

雰囲気良いです。

Kusatasu_Naraya

日本の旅館は海外のホテルなどでは味わえない独特の良さがあります。特にこの地域は山に囲まれた土地ならではの山菜が豊富。写真は奈良屋さんという老舗の旅館。とても素敵な旅館です。

ちょっと車を走らせれば草津国際スキー場もあり、リゾートホテルも近辺にはあるので楽しみ方はまだまだありそう。もちろん夏場も山を楽しめます。

Daisuke Inoue
Content Specialist: Digital Strategist & Communication Consultant

Content is king, only if they are in the right hands. I am passionate about great content and how to deliver them to the right people. The question is “What is the right content?” That is where I come in and help people/organisations to be outstanding. My area of interests are music, travelling, movies, blockchain technology, new media and minimalistic lifestyle.